アクアリウム

【水槽サイズに合ったヒーターを】水槽用ヒーターの選び方と種類のまとめ!

こんにちは
じゅん吉です。
 
今回は、水槽用ヒーターの選び方について解説していきます。
 
ヒーターにも、色々な種類があって初心者には、分かりにくいですよね。
各種ヒーターのメリットや、選び方の基準を知って
自分の水槽環境に合うヒーターを購入しましょう。
 

 

水槽用ヒーターの種類

温度固定式ヒーター

ヒーター内に内蔵されたセンサーで水温を読み取り、
設定された水温を一定に保つようヒーターをON/OFFしています。
ヒーターとサーモスタットの組み合わせよりも省スペースになります。
 
※設定温度の変更は、出来ません。

 
 

温度可変式ヒーター

上記のヒーターに水温設定が出来る機能の付いたヒーターです。
温度固定式のヒーターよりも高価になります。
 

 
 

ヒーターとサーモスタット

こちらは、サーモスタットにヒーターを繋げて水温の制御をします。
サーモスタットに繋げられている水温計を水槽内に入れる必要があります。
 
ヒーターかサーモスタットが壊れてもどちらかを交換すればよいので、長い目で見るとコストが低くすみます。
 

 
 
 

ヒーターの選び方

水槽サイズに合うワット数を選びましょう。
 
低すぎると水温が設定温度に達しないことがあり、
また常時ヒーターがON状態なので寿命が短くなります。
高すぎる水温の変化が急激になって生体にストレスを与えてしまいます。
 
※寒い地域にお住まいの方で室温が低くなりがちな方は、
ワット数が少し高めのものをおすすめします。

 
50w 41cm水槽まで

100w 45cm水槽まで

150w 60cm水槽まで

200w 75cm水槽まで

300w 90cm水槽まで

500w 120cm水槽まで

 
 
 

最後に

私は、省スペースで比較的安価な26℃固定のヒーターを使用しています。
60cm水槽で特に今まで問題なく使えています。
 
また、水槽内で邪魔なヒーターを隠すために、インライン化をしています。
外部式フィルターの方は、インライン化をおすすめします。
自作でのやり方は、過去記事を参照です↓

【水槽スッキリ化計画】ヒーターのインライン化に挑戦!こんにちは じゅん吉です。 レイアウト水槽をやっていると、出来るだけ水槽から物を無くして スッキリしておきたいですよね! ...

 

最後までありがとうございました。
それでは、また次回。