アクアリウム

【水槽用照明の自作】RGBパワーLEDを使うプランを考えてみた!

こんにちは
じゅん吉です。
 
今回のテーマは、ソーラーRGBを超えるような
LED照明の自作についての計画を練ってみました。
 
というのも、ソーラーRGBを欲しいけど、
その価格からなかなか手を出せない
方が多いと思います。
 
また、90cm水槽での使用を考えるとソーラーRGBだけでは、端の方まで光が届かないため、
追加でライトを設置しているのをネットでよく見かけます。
 
そこで、今回は上記の不満点を払拭するために、
ソーラーRGBよりも高光量な照明の自作についてプランを考えてみました。
 
 

計画

・今回の目標は、ADA「ソーラーRGB」を超える
 高光量と低価格の両立を目指していきます。
 
 RGBということで、3色の明るさを任意に変更
 自分好みの色を作れるようにしていきます。
 

LEDチップ

・LEDは、コチラのRGBパワーLEDを21個使用します。
 21個というのは、この後紹介する電源ドライバーに合わせて計画しました。
 

 
LEDのスペックは、コチラ↓

波長 620-630nm 520-530nm 450-460nm
全光束 80-90ルーメン 220-230ルーメン 80-90ルーメン
順方向電圧 6-7V 9-10V 9-10V
順方向電流 300mA 300mA 300mA

 
 

ソーラーRGBと同じような光を作り出す想定で光量を計算してみました。
まず、ソーラーRGBのスペクトルでRGBの比率を見ると、
大体9810くらいなので、この比率で計算してみます。
 
※ADA公式HPより引用。
 
 
まず、青色が1個あたり80lmだとして、21個だと1,680lmです。
青色の1,680lmを基準に赤色が1,512lm緑色が1,344lmとなります。
合計で、4,536lmとなり、計算上ではソーラーRGBの光量を超えます。

 
 

定電流ドライバ(可変)

・今回のRGB調光のために使用する
 電流を0mA~2,000mAの範囲で調整できる定電流ドライバ
です。
 
 コレを各色分合計3つ使うことで、
 RGBそれぞれの明るさを調整し様々な色を作り出すことが出来ます。
 
 この定電流ドライバに先ほどのRGBパワーLEDを
 3直列の7並列で21個ということになります。
 

 
 

本体

・LEDを配置する本体ですが、前回自作した高演色LED照明のアルマイト板を使用します。
 大体、1万円くらいで「板曲げ.com」にて作成していただきました。
 また、放熱用にヒートシンクを10個使用しています。
 

【自作照明】高演色LEDでフルスペクトルな照明を作ってみた!こんにちは じゅん吉です。 今回は、水槽用のLED照明の自作に挑戦してみました。 自作するからには、ただのLED照明ではありま...

 
 
 

必要なもの

大まかですが、作成するのに必要なものをリストにしてみました。

品名 個数 価格
10W RGB ハイパワーLED 21 10,479円
LT3932 LED用定電流ドライバモジュール 3 6,415円
LRS-350-36 36VDC電源 1 3,500円
本体アルミ(板曲げ.comにて作成) 1 約10,000円
ヒートシンク 10 5,720円
4芯 ケーブル AWG22 1 1,390円
コネクタ セット 1 1,200円
放熱用グリス 1 1,580円
合計 40,284円

※2018/11/06時点での価格です。

 
 
 

回路図

・回路は下図のように配線をしていこうと考えています。

 
 
 

最後に

・結論ですが、材料費だけで4万円掛かりそうなので、
 作成の手間を考えると、ソーラーRGB買ったほうがいい気がしますね、、、
 
 とはいえ、調光機能付き&高光量(約4,500lm)というアドバンテージがあるので、
 作ってみても良いような気もしますが、また気が向いたら作ってみたいと思います。
 
 最後までありがとうございました。
 それでは、また次回!