アクアリウム

【90cm水草水槽】コスパ重視でオススメの機材セットを一式で考えてみた!

こんにちは
じゅん吉です。
 
今回は、以前紹介した90cm水草水槽用の機材一式では
費用が掛かりすぎてしまうため、コスパ重視で考えてみました。
 
その中でも、水草水槽として最低限のスペックは兼ね備えるように考えてみました。
機材購入の参考にどうぞ。

 

 

必要な機材

水槽

まず水槽は90cm水槽として一般的な奥行きと高さが45cmのものの中で選びました。
ネットでは安くて、15,000円程度で販売されています。
 
ガラスの透明度が高いクリアタイプの水槽では費用が高くなってしまうので、
透明度を犠牲にしてノーマルタイプの水槽でおすすめなのは以下の二つです。
 
レグラスフラット F-900L

(大型)コトブキ工芸 kotobuki レグラスフラット F−900L(90×45×45cm)90cm水槽(単体)別途大型手数料・同梱不可

 

アクロ90N

(大型)90cm水槽(単体)アクロ90N(90×45×45cm)フタ無し オールガラス水槽 別途大型手数料・同梱不可

 

上記の2つがおすすめなのですが、発送してもらうと別途送料が5,000円程度発生するので
実店舗での購入のほうが安くなる場合がある
ので注意してください。

 
 

水槽台

水槽台は、コトブキのプロスタイルが安価でおすすめです。

 
 

ろ過フィルター

ろ過フィルターについては、「プロフェッショナル3e」シリーズが
多機能でおすすめですが、その分高価なのでろ過能力と費用面、
安定のエーハイムということで「プロフェッショナル4 2275」がオススメです。
 
値段の安価なプロフェッショナル4 2271でも90cm水槽対応で問題ありませんが、
ろ過能力の余力をみて私は2275をおすすめします。
 

 
 
 

エアレーション

エアレーションは、インラインタイプにしてなるべく
水槽内に機材を入れないようにするのがおすすめですが、
安く済ませるのならエアーストーンにて水槽内でエアレーションしましょう。
 
コチラはエアレーションに必要なものが全てセットになっています。

 
 

CO2セット

綺麗な水草水槽をつくりたいのならCO2添加は必須です。
CO2添加は手入れが楽なインラインタイプをオススメします。
 
自動でCO2を添加するために必要な機材とボンベも付いたセットの商品がおすすめです。

 
 

上記のCO2セットでは、小型ボンベが5本セットになっていますが
ランニングコストを考えて緑ボンベを推奨します。
 
セット内のレギュレーターについては、緑ボンベも小型ボンベも使用できるので、
緑ボンベに切り替える際には特に新しく買うものも無く切り替えることが出来ます。
 

緑ボンベについては、下記の過去記事を参照願います。

【初心者向け】水草のCO2添加を始めるのならミドボンが圧倒的にオトク!こんにちは じゅん吉です。 今回は、これから水草水槽にCO2添加を始めたいと思っている方に、 ミドボンが圧倒的にオトク...

 
 

ヒーター

ヒーターについては、90cm水槽なので300W程度の出力のものを選びます。
コチラのヒーターとサーモスタットがセットになった商品がオススメです。

 

ヒーターは、水槽内においてかなり場所をとってしまうので
上手く隠せれば構いませんが、インラインにするのが望ましいのです。
 
ヒーターのインライン化については、コチラの過去記事にまとめてあるので
やってみたい方は見てみてください。

【水槽スッキリ化計画】ヒーターのインライン化に挑戦!こんにちは じゅん吉です。 レイアウト水槽をやっていると、出来るだけ水槽から物を無くして スッキリしておきたいですよね! ...
【エーハイム2213の改造】ヒーターのインライン化再び!こんにちは じゅん吉です。 今回は、エーハイムの外部フィルター「2213」を改造して、 インラインヒーターを作ってみました。 ...

 
 

水草育成用照明

水草育成用の照明については、LEDがオススメで中でも
アクロの「TRIANGLE GROW」が性能、価格共に素晴らしいです。

 
水草用の照明について詳しくはコチラの過去記事にまとめてありますので、
気になる方は見てみてください。

【水草用ライトの選び方】水草に必要な光とは?水草を綺麗に育てよう!
【水草用ライトの選び方】水草に必要な光とは?水草を綺麗に育てよう!こんにちは じゅん吉です。 今回は、水槽用の照明選びについてです。 水草水槽をやるにあたって照明選びはかなりの重要事項なので、...

 
 

TRIANGLE GROWについては2灯あるのが望ましいですが、
費用を安くするため今回は一台のみの想定でいきます。

 
 
 

プログラムタイマー 2個

コチラの商品は、設定した時間に電源をON/OFFしてくれる商品になります。
自分で電気を切り替える手間が削減出来ます。

2個必要なのは、水草照明&CO2電磁弁用とエアレーション用で必要になります。
※上記で紹介したCO2セットの中にプログラムタイマーが入っているので
 購入する数に注意です。

 
 
 

一式揃えるのにかかる費用について

それでは、今回ご紹介した水槽セット一式で費用はいくらになるのでしょうか?
リスト化してみました。
価格は、記事作成時現在の価格です。表作成

購入推奨リスト 個数 価格
90cm水槽 水槽 送料込み 1 およそ¥20,000
コトブキ工芸 90cm水槽台 プロスタイル 送料込み 1 およそ¥15,000
エーハイム プロフェッショナル4 2275 1 ¥23,500
エアレーションセット 1 ¥3,697
クリスタルアクア CO2フルセット Aタイプ 1 ¥17,101
GEX SH300 サーモスタット NX003N セット 1 ¥5,256
アクロ TRIANGLE LED GROW 900 1 ¥16,174
リーベックス 24時間プログラムタイマーII PT25 1 ¥794
合計 ¥101,522


 
 
 

最後に

最終的な費用は、101,522円になりました。
今回はなるべく安く、でもしっかりと水草の育成に問題の無いように選定をしてみました。
 
初心者にありがちな安く済ませようとして失敗して結局新たに機材を購入するといった
私のような失敗をしないようにしっかりと調べた上で購入してくださいね。
 
最後までありがとうございました。
それでは、また次回。